読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[4k]shike's はてなblog

ノンジャンルでメモを残します 日記もときどき。

自作自演なのかなー

 「同行記者とワイン」ですか、あきれました。

 驚くべきことに、この記事は中川氏が「1時ごろに途中退席し、宿泊先の高級ホテル「ウェスティン・エクチェルシオール」に戻」り、「ホテルの1階のイタリアレストラン「ドニー」に移動、財務省の玉木林太郎国際局長や日本から取材で同行した女性記者、イタリア人通訳など数人で会食」した事実を暴露しているのです。

 中川氏が「G7などの海外出張では同行の女性記者を集めて飲食を行うことが恒例化していた」というのです。

 なんのことはない、マスメディアの記者相手に一杯ひっかけていたのであります。

 なんで毎日がこの暴露記事を堂々と書いているのかといえば、それは記事の結語につながります。

 毎日新聞の記者は、中川氏との会合には、いずれも出席しなかった。

 毎日さん、お願いだからこんな低レベルなことでえばらないでほしいです(苦笑

 ・・・

 自分達で酒を飲ましておいて、社説では「薬の飲み過ぎなのか、アルコールのせいなのかは定かでない」(【朝日社説】)と、しらっとのたまい、挙句は「当人は否定しているが、アルコールが入っていたのではないかとの憶測も消えない」(【日経社説】)ですか。


記者が飲め飲めと言ったならともかく、記者の前で勝手に飲んだんじゃないのですかね。


だとしたら飲むのを止める、あるいは会見キャンセルにするべきは側近であって記者ではないような。


むしろ記者は書くべきだろう。飲んでた。いつも飲んでる。記者とも飲んでる。ただし男性記者はいない(!)今回も飲んでた、と。


それを書かないのは記者クラブにいられなくなるからなのかね。やっぱり。

で、記者は消えちゃってる。
越前谷知子という名前の読売新聞記者。写真がサイトに載っていたのにきれいに消えているらしい。


こういうことを新聞は書かないから、木走さんや、


なぜ飲酒の事実を隠したのか? 納得がいかない中川大臣辞任の理由|週刊・上杉隆|ダイヤモンド・オンライン


こういう記事は貴重だということですね。