読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[4k]shike's はてなblog

ノンジャンルでメモを残します 日記もときどき。

気持ちは分かる

3月25日

水曜日。それほど忙しくないけど仕事。

こんなページを見つけてしまった。

moraten.blog.fc2.com

 

気持ちは分かる。分かるんだ。

こうやってきちんと竹鶴正孝のことを研究していたら、そら腹も立つ。

でも、余市編からはもう完全にファンタジーだし、僕は割り切って結構楽しんでみている。役者がいいし。風間杜夫小池栄子がいい。

 

「こんなドラマじゃ竹鶴をモデルにした意味がない」というのは、気持ちとしてはほんとによくわかるんだけど、じゃあ水戸光圀の研究者は何回発狂したらいいかわからないよね。そして講談という芸能は完全否定されることになる。

 

ノンフィクションを下敷きにした荒唐無稽なフィクションというのは、あるのですよ。

 

いや、腹は立つけどね。竹鶴はあんなあほな無計画な男じゃないし、マリアージュはニッカよりサントリーの発想だし、鳥井は本当は自動車大嫌いだし。

 

どういうわけかウイスキーの製造工程がまるで出てこないのも腹立つポイント。日本酒のほうはみっちりやったのに。

 

でもいいんだ、ドラマだから。連続テレビ小説だから。

 

だからドラマはドラマで、もうこれで終わりでいいんだけど、竹鶴正孝の生涯を映画化してくれないかなあ。