[4k]shike's はてなblog

ノンジャンルでメモを残します 日記もときどき。

仕事と時間の有効管理

Googleのデジタルワークショップより。

基本的なことですが、役に立ちます。見ときましょう。たかだか4分くらいですよ。

 

で、ツール使う。

時間の測定にはこちら。

toggl.com

 

ToDoリストはいろいろあるし、紙でもできるけど、僕はやはりこれがいいと思う。

todoist.com

 

ferret-plus.com

 

ただGTDでいうレビューの機能が弱いのでそこはTogglで補完する。

週末に、今週どんな仕事をしたか確認して次の週に備える。

 

もちろん、僕とてこうしたタスクと時間の管理を全て完璧にやれているわけではない。けど、少しでも楽に、もれなくこなすことができるように工夫を重ねている。もともとも怠け者で生産性低いので「ハック」しないとだめなわけ。

 

今度、この記事に出てくるスニペットツールを試してみるつもり。

requlog.com

Excelの構造化参照 テーブルを使おう

Excelで何か集計するときは、テーブルを使うべき。

テーブルを作ると何がいいかというと、

  • 見た目がいい
  • 構造化参照が使える
  • データ行を継ぎ足すことができる。

 

これくらいかな。構造化参照は無味乾燥な番地の参照や名前定義に比べてはるかに楽で直感的に使える。

dekiru.net

 

データの継ぎ足しというのは、

例えば「毎月の売上CSV(1行=1レコード=売上1件)」のような、同じ列で構成され、行がどんどん増えていき、毎月のデータを追加していく場合に、差分(=その月の売上レコード)をテーブル直下にコピペするだけで、テーブルが下に拡張し、データがテーブルの中に取り込まれる。ちゃんと取りこまれたかどうかは、コピペした行の色がテーブルデザインに変わることで確認できる。これだと参照先の式を変えなくていい、式を変えないようにするために難しい関数を使う必要もない。

 

テーブルをもとにピボッドテーブル組んで、グラフにしておくと、上記の通り差分のデータをコピペするだけで、毎月グラフが更新される。なんてことができる。

アンケートのマルチアンサーだと、僕の知識ではピボッドテーブルから直接集計できないので、ピボッドテーブルを引用するテーブルをさらに組んだりしている。いずれにしても「データを追加すれば、自動的に更新される」。

こんなに便利なのにテーブルを使っている人が本当に少ない。もっと流行すべき。とにかく更新もメインテナンスもしやすいんだから。

「列AFってなんだっけ」とわざわざ見に行かなくて済む。

 

ちなみに僕の場合Vlookupはほとんど使わずIndex-Matchで対応している。これもまたメインテナンスしやすさ追求の結果こうなった。

コピペが楽になるアプリ Clibor

forest.watch.impress.co.jp

 

Windowsお使いでしたら、これ、使うべきですよ。

 

コピペというのはコピーしてPCの内部に記憶されたものを貼り付けるわけですが、一つ前、二つ前にコピーしたものを貼り付けたくなることってのはよくあるわけですよ。

たいていは一回エディタに貼り付けておいて、後からもう一回コピペするわけですが、Clibor入れておくとコピーの履歴を取っておいてくれて(デフォルトの設定だと)Ctrlキーを二回たたくと一覧で出てくるわけですよ。これ、ほんと便利。

 

文章を何度も書き直したり、Excelで集計作業やるときなんかはほんとに役に立ちます。是非。

15年くらい前の話

shike.blog.jp

shike.blog.jp

 

15年くらい前の話。下手なりに、自分の文章としてはまあいいんじゃないかと。

 

その後、このフィットネスクラブは柏市内の別の場所で見事に復活している。僕も通っていたが、転居に伴い退会した。

 

いろいろあって、いろいろあって、運動をやめてしまった僕は、この当時より10数キロ体重が増加している。

 

そろそろ何かやらないとねー。

伊藤智仁について

ヤクルト久々の優勝に感動した1992年、僕は社内メールでヤクルトファンの先輩に「いやーいいピッチャーが取れましたな」「これでBクラスはもうないな」とやり取りしていた。松井秀喜をスルーしてヤクルトが1位指名した天才・伊藤智仁のことだ。

伊藤智は入団直後から期待通りの大活躍。高速スライダーに次々空を切るバットはデビュー当時の野茂のフォークボールを思わせた。しかし突然の故障による離脱。野村監督は「俺がつぶした」と責任を感じていた。ここまでは知っていた。

つい先ほど「消えた天才」というテレビ番組で「野村克也伊藤智仁に謝罪する」という企画をやっていた。ここで僕は伊藤智仁が肘だけでなく腕の血行障害で生命の危機まであったことを知る。伊藤智仁という天才のことを改めて世に知らしめしたことについて、僕はこの番組に感謝したい。

しかし。

番組では伊藤智仁はデビュー後数カ月でほぼ選手としては終わったように描かれていた。しかし!97年には7勝2敗19Sでカムバック賞受賞。その後も故障と闘いながら2003年まで現役続行したのだ。

そのことは忘れないでいたい。

引退後コーチになり、2015年投手コーチとしてリーグ優勝に貢献した。胴上げからビールかけの輪の中に彼がいたことを、僕は神宮球場で見ている。高津臣吾投手コーチとともに最高の投手陣を作り上げた。選手だけでなく、コーチ陣のチームワークが素敵なチームだった。


今年から富山GRNサンダーバーズ監督。
まだまだつづく野球人生。天才・伊藤智仁の前途に幸あれ。

妻を喪ったマンガ家の作品

前に読んだのはこちら。

 

 最近読んだのはこちら。

 どちらも、妻の死という人生最悪クラスの衝撃と悲しみを、創作へと転化した凄い作品。

 

前者は突然の死と葬儀、後者は闘病生活がメインなので、二つとも読むと、いいと思う。

 

マンガ家ってのは凄い。そして、やっぱり先に逝ってしまいたいもんだ。わがままですが。